姫路で買う、と決めている物

・2013.6.16(Sun),11:00(GMT+9)


大きな地図で見る

 僕は山陽電車の沿線に住んでいる。
 そのためか、週末に買い物や遊びに行く行先は神戸が多い。
 キッチリ数えたことが無いけど、多分7割ぐらい神戸それも三宮駅下車という実績になると思う。
 残りが大阪、たまに京都、たまに姫路、明石と言うイメージ。
 通勤のために電車に乗ることは無いので、切符は休日用回数券で、これを使うと往復1200円ぐらいで済む。

 が、就職以来「これだけは姫路で買う」と決めているものがある。
 それが、職場等に持っていくレザーの鞄。
 就職活動以前に買って使っていた鞄として「一澤帆布」(京都・知恩院前。余計な事を言うけど、兄弟が喧嘩する前の一澤帆布)のバッグがあった。淀川混声などには、これに楽譜を詰めて通った。

 しかし、スーツには合わないので、就職活動の時に何か買ったと思う。
 その後、就職後に、初代の革鞄を買った。
 1994年(多分)、¥16500→¥13800(値札)で購入
 初代は薄く、容量的に足りなかったので、2代目を買った。
 2004年、¥25200(値札)→¥24000で購入
 今日買ったのは3代目である。酷使したためにマチの部分に穴が開いてきたのと、取っ手を本体に縫い付けている糸が切れて、修理不能と判断した。
 2013年、¥26250→¥15750(値札)で購入。
 購入したのは全部、姫路・みゆき通りの「人丸」である。
 3つとも同じ値札がついているのが判ると思う。
 住所表記は「姫路市綿町95」という短さである。
 店頭はあまりビジネスユースを想像させない

 神戸市内でも三宮に出向くたびに捜してみたこともあると思うのだが、センター街にある富士鞄店などでは、仕事用に使う鞄は見つけられなかった。
 例えば、ブランド名を大きく表示しているようなものは、好きではない。僕は社外に出張に行ったりすることは多くないが0ではないので、そういうことも考えると、色目も地味な方が使いやすい。「鞄が人間を引き連れて歩いています」みたいなのは、ちと困る。そうやって絞っていくと、なかなか手頃なものが無い。大丸やそごうなどの百貨店なども見に行ったけど値段が予算と全く合わない割に有名(?)ブランドの刻印が目立ったりする。それで、神戸で探す気がなくなった。
 富士鞄店の名誉のために付け加えておくと、渡米用のスーツケースはココで購入している。

 2代目の鞄は9年使った。壊れた原因は酷使なので、今日店頭で3代目を検討するにあたっては、容量と縫製を少し時間をかけてチェックした。本などは重いので、糸が切れると困る。
 結果的に、20年同じ店で鞄を買い続けたのだが、この店はさして豊富な品ぞろえがあるわけではない。多分、神戸や大阪のどこかにもイイものはあるのだと思う。しかし、2つも3つも買うわけではなく1つ有れば良いのであり、今回もたまたままともな品が予算内で置いてあったので、購入することにした。
 ま、一つぐらい、「神戸では買わない物」があってもイイと思う。
 「値札ベースで¥10500の値引きはなぜなのか」不思議に感じたので店員サンに訊くと、「他の色がなくなったので」と言う、解るようで解らない理由だった。
 今46歳なので、「60歳まで使う」ことを目標にすることにした。この商品のコストパフォーマンスの良し悪しは10年後ぐらいに判明する。


 さて、姫路では城の大修理が進んでいる他、JR姫路駅の高架化完成に続いた駅周辺の再開発が進んでいる。
 TOEIC受験などで良く姫路市内の会場を指定されるので年に何回か来ているが、数か月前とも様相が変わっていた。駅は後で来ることにして、今日は少し姫路の旧市街(内堀の中のエリア、と書いたけど実は間違いで、「○○門」の南外側になる。6月23日訂正)を散歩することにしましょう。時間があれば好古園とか西の丸とかにも足を延ばしたいが、姫路はそんなに一言二言で語れる単細胞な街ではないようなので、今日は省略。
 大修理が間もなく終わり、修理用の棟の撤去工事がそろそろ始まる天守閣を含む本丸についても、もうたくさんの方が言及しておられると思うので、素人は手を出さないことにします。
 まず、駅前から続く姫路のメイン・ぺデストリアン・ストリート・みゆき通り。

 

 ヤマトヤシキの角を西に折れると、西二階町。小路(中ノ門筋)から西の丸が見えるのも、城下町ならではです。
 
 
 
 「冷鯛焼」の涼しげなバナーを一枚。写真を撮るだけでは申し訳ないような気がして、一つ買いました。
 中身は、普通のたい焼きを冷やしたものです。
 
 西二階町の一筋南が、魚町です。
 かつての(今も?)歓楽街ですが、「典型」と言えるようなモノは見つけられませんでした。
 ボートレースの場外舟券売場でペットボトルのお茶を買って、ひと休み。

 日本モーターボート競走会旗・日章旗・右は…わかりません。
 この辺の住所表示は簡潔

 
 国道2号西行き(正確には国道2号ではなく、十二所線)と大手前通りの交点が、白銀交差点です。
 城下町らしい、日本語の快い響きがします。
 そういえば、金沢にも「白銀」交差点があるのを思い出しました。こちらは雪景色を思い起こします。
 地名って、大切にしたいですね。もっとも、「姫路市本町68番地」みたいに郵便配達員泣かせの広い区割りもあって、面白がってばかりも言っていられませんが。

 さて、みゆき通りに戻って、昼飯です。寿司屋に入りました。


 まずおススメにしたがって「蒸し穴子」 2貫¥680
 続いて「焼き穴子」 2貫¥400

 このお店は「蒸し穴子」を薦めていますが、僕は焼き穴子の方をstrongly recommendします。
 弾力の無い「とろけるほどの蒸し」って、それはそれで味わいがあるのかもしれないけど、ぐにゃぐにゃの「鰻」を食べているのと、変わらないような気がして。それで、結局「焼き」を4貫(つまり2回)食べて、店を出ました。
 大将に聞くと、穴子はちょうど今がシーズンなんだとか。脂がのっています。分厚い穴子は、明石で食べる穴子丼とはまた違った味わいがありましたネ。明石のは、シーズンにもよるけど、どちらかと言うと「骨で食べる、やや乾いた感じ」が気に入っています。
 こんな分厚さ

 店を出て、茶をしばくことにしました。駅前に戻る。
 みゆき通りの南端にあった姫路市バスターミナルは跡形もなくなっていて、こんな感じに。

 反対側、つまり南を振り向くと、新装開店した駅ビル"piole"。

 ここの3階で、冷たいグリーンティ。混んでいましたが、大概の席から、姫路城が望めます。
 4階にも同じ場所に、スターバックスがあります。
 


 新聞は、ラグビー日本代表ウェールズ戦勝利を1面に持ってきたことに敬意を表して、サンケイスポーツ。
 窓の外に見える「黒い枠」は、JR姫路駅のゲートです。 


 "piole"の5階には、東急ハンズがあります。

 ここの一角に、"HIMEJI WORKS"と言うコーナーがあって、当地の産業品にまつわる材料を売っています。
 瓦とか、レザークラフトの材料が売っている。

 カラフルに染められたレザー

 今日は父の日で、関係あるかどうかわかりませんが、コインケース作り教室なんてのが催されていました。
 楽しそう
 こちらは本職。

 東急ハンズには三宮や梅田や心斎橋、古くは江坂にあった時代からよく通いましたが、こういう「土地を意識した」コーナーってあまり記憶にありません。姫路店には「ただ洒落たモノを(ちょっと高めの値段で)売る」以上の意気込みを感じました。
 イメージ戦略の一環に過ぎないのかもしれませんが、こういうのを見ると、「革製の鞄を置いてある店が姫路市綿町に存在し続けている」ということが納得できるような気がしました。
 鞄の街と言えば豊岡市が知られているけれど、豊岡と姫路は「銀の道」(現在の播但街道、国道312号とか播但線とか)の北と南の端なので、そういう意味で繋がりがあるのかもしれないし、地道にモノづくりを続けておられることに敬意を表したいと思います。

 こんなサンドアートも、HIMEJI WORKSなんだとか。

今日のゴハン
鮨 久右衛門
 姫路市駅前町262 079-287-3399

今日の茶
nana's green tea
 姫路市駅前町188-1 piole姫路3F 079-223-3772


(澁谷光基/渋谷光基/しぶやこうき)

次回は、「カラフル→カラフル→2色」6月20日(木)0:00に更新します。
 ただし、その日の出来事などを都度投稿することがあります。

FC2ブログランキング
  
よろしければここをポチッとclickすると喜びます(多分)

プロフィール・自己紹介はこちらをご覧下さい(^^)/
「プロフ」もこの記事の下にあるバナー(バナーに見えないけど)からたどれます。
関連記事

コメント

架け橋 #-

たい焼き

冷やしたい焼きなんて聞いたことない、旨そう!

うなぎと穴子の違いも知らなかった世間知らずです!蒸し穴子、おもいっきり旨そう!

架け橋

2013年06月19日(水) 12時16分 | URL | 編集

シブ #6o31QazA

★コメント第9号! ありがとうございます

 架け橋さん、播州姫路へようこそ!

 播州は鰻はあまり目立たず、明石・高砂・姫路・御津・相生…とすべて穴子文化圏です。もっとも明石の「魚の棚」あたりに行くと鯛i-276とか蛸v-15とか色々あって大変です。
 写真の店の蒸し穴子は、もう、歯が無くても食べられます(^-^;
 姫路にいらしたら、是非お試しください。

 鰻の美味しいのは、最近なかなか当たりません。昔、名古屋の「大川本店」という店で天然鰻のひつまぶしを食べたことがあって、その歯ごたえに感銘を覚えましたが、この店、残念ながら今営業していないようです。

 冷やしたい焼きは、残念ながら余り冷えていませんでした。
 雰囲気モノですね。
 お城の見える小路で、水戸黄門の「うっかり八兵衛」の気分になれますv-369

2013年06月19日(水) 20時32分 | URL | 編集

架け橋 #-

パスポート

グーグルとウィキペディアの使いまくりになりました!歴史の長い日本では、県そして地区によっても文化/習慣が大きく変わるようですね。時代劇で見たんですけど、ある地区/県への出入りは厳しく制限されていたようで、パスポートのような役目を持つ小さい木板に判子/承諾がなければ通過できなかったようですが、やはりそのために起きた習慣の違いなんでしょうかね。

うな丼 は知ってましたが、名古屋のひつまぶしは聞いたことがありませんでした。兵庫というと、神戸、明石、そして姫路城ていどの知識しかありませんでした。

その木板パスポートで、日本に、そして播州姫路に入らせてもらえたような気分になりました!

習うことが山ほどあると悟った私です、
架け橋

2013年06月20日(木) 22時16分 | URL | 編集

シブ #6o31QazA

★コメント第10号! ありがとうございます

 架け橋さん、Good afternoon!
 箱根に代表される「関所」跡などを訪ねると(箱根しか行ったことがアリマセンガ)、取り調べってのはキビしかったなんて書いてありますね。
 江戸への出入り、すなわち「入り鉄砲に出女」に目を光らせたなんて言いますが、他の藩でも今とは異なる「オイコラ」があったんでしょう(多分)。
 なんで、水戸黄門が漫遊したなんてのも、現実問題としてはホンマカイナ?なんですが、伊勢参りと言うのもあったし、木版パスポートを大切に持っていたんでしょうネ。

 そうそう、最初に「JFKの入国審査をあっけなく通過した」、って書いたんですけど、実は結構"What is your purpose to come to US??"とか何とかしつこく訊かれたので、"I will meet and have a date charming women in New York"って全く予定に無いことを話したら、「そうか」と言って、パスポートを投げ返されました(^-^;

2013年06月21日(金) 07時53分 | URL | 編集

架け橋 #-

The Best Answer Ever Heard!

Hi Shibu-san,

"I will meet and have a date with charming women in New York"

:o) :o) :o) !!!....

That's the best answer I've ever heard. I can't believe it actually worked!
I'm glad the passport control officer also had a good sense of humor like you do.

You are a brave man!
架け橋

2013年06月21日(金) 10時03分 | URL | 編集

シブ #6o31QazA

★コメント第11号! ありがとうございます

Good morning, Mr.Kakehashi!

It costs $0 to say it!
「言うだけやったらタダ」
ってことデス:-)
Shibu

2013年06月21日(金) 21時07分 | URL | 編集


トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/17 09:12)

姫路市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2013年06月17日(月) 09時12分 | ケノーベル エージェント

GO TOP