浜大津・なぎさのテラス

・2013.7.7(Sun),10:00(GMT+9) 大津市浜大津5丁目


大きな地図で見る

 最近、京都のGoethe-Institut(GI)に行く機会が続いている。
 昨夜も、興味を持った講演「ヨーロッパと日本の「都市」と「空間」」ってのがあったので、行ってみた。
 ドイツから京都へ数か月滞在しており、間もなく帰国する建築家たちの話が直接聴けるというものだった。

 鴨川で水遊びをする子供たち。荒神橋(2013.6.21)

 川端通荒神橋上る(「上る」の概念をやっと理解(';'))

 日本に3か所しかないGIのうち、2か所が京都と大阪、つまり関西にあるという配置は、当局も「アンバランス」と考えたのだろうか。ドイツ語教室は主に大阪が担当することにし、京都は改装して、図書室・イベント開催・国際交流等の機能に特化することにしたらしい。
 ドイツビールやドイツ流本格ヴルスト(ソーセージ)が食べられるカフェまでできている。17年前にZDaFを受験しに来た時の面影はなかった。
 Café Müller
 京都からドイツ語教室がなくなったわけではないが、授業を実施するのに適当な部屋が無い(多分)ので、百万遍に近いInstitut français Kansaiの部屋を借りて実施しているとのこと。

 講演の方は、聴いてみたら、ドイツ語がまるで聴き取れなかった(同時通訳はあった)のと、今朝変な時刻に起きてしまって少し疲れていたせいか、今一つ快感のツボに来なかった。
 それで、モッタイナイと思いながらも30分ほどで早々に引き揚げた。
 なので、レポートは省略します。すビバせん。
 それにしても、こういう講演会を入場無料で催す、と言うところがGIの太っ腹なところで、京都の人が羨ましいが、まあ、我が家からでも千数百円の電車代を払えば行けるだけ恵まれてるとも思う。

 川端今出川にある出町柳駅あたりまで出て、軽く夕食。
 今日は酒抜きだが、付出しは出てくる。
 京の夏は、鱧が無くては。
 梅茶漬け。これでまさかの終了

 当初は、翌日日曜日に尼崎に行く用事もあった(結局回避)ので、一回自宅に戻るのもめんどくさくて、1泊することにした。
 出発3日前に楽天トラベルとかじゃらんで探したら、あいにく京都は祇園祭の真っただ中。そのせいか手頃な値段で泊まれる宿が見つからなかった。
 需要と供給の法則なので逆らっても仕方が無い。
 何のことは無い。「浜大津」で探してみたら、アッサリ一泊5千円の部屋が見つかった。

 出町柳→三条京阪→浜大津 と移動して、本日終了。距離は直線で10kmぐらいしか離れていない。
 ホテルは駅前にある。
 旅先でチェックするのは地元のテレビ。「びわ湖放送」をちょっとだけ視た。



 翌朝。
 5千円の宿代でもまともな朝食が付いている。ご飯と味噌汁、きんぴら牛蒡、ひじき、焼鮭などが出てきた。ありがたい。
 昨夜の京滋地方は雨が降ったんやけど、今日は晴れ。
 天気予報では、暑くなるとのこと。

 左・京都方向。正面・近江神宮・坂本方向。
 路面電車にも特急の塗色。石山寺行き

 大津は旧東海道の最終の宿場なので、その方面にも風情はあるようなんやけど、今日はびわ湖に絞ってご案内。
 浜大津駅のすぐ横が、大津港・観光船ターミナル。
 バナーは、"WELCOME""THANKS""BIWAKO"
 「ミシガン」は出航中で留守

 百隻ほどのヨット・ボート

 「○○市滋賀区」とか「○○市大津区」などと口の悪い人から揶揄されることもあるようですが、このふわりとした明るさ、肩の力の抜け方は10km離れた古都とは全然違います。もっとも、よくよく考えてみれば大津・近江宮の方が都として百年以上先輩だったりします。

 比叡山方向を望む

 琵琶湖ホテル。工夫を感じる配色

 釣れてる?

 大津港から10分ぐらいのところに、「なぎさのテラス」があります。

 左から燻製料理・イタリアン・スイーツ・有機菜食

 建物のバック側から湖を望む。中央はガス灯

 テラス席。今日は暑いので、涼しい屋内に入りました。

 ペスカトーレ+レッドオレンジジュース 

 屋内から。絶景デス

 何がって? ジェットスキー ハジけてる

 陽気に、元気に、伸び伸びと。自転車も多い



 琵琶湖には海水浴場ならぬ「湖水浴場」がありますが、少し遠くへ行く必要があります。
 だから、ここは神戸の須磨海岸のようではないです。
 普通に考えれば、港があるという事は、遠浅の砂浜ではないわけで。
 この湖岸が、関西の渚では数少ない「東向き」であることが、独特の個性を与えているように感じました。

 昼寝中!

今日行った店
ANCHOVY アンチョビ
 大津市打出浜15-3
 077-522-1811
関連記事

コメント


トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/08 09:01)

大津市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2013年07月08日(月) 09時01分 | ケノーベル エージェント

GO TOP