はじめてのWien⑪ 女の理解は困難ナリ~オペレッタ「メリー・ウィドウ」

 ♪パカパンパンパ・パラッ・ジャンジャジャジャンジャンジャーン♪
 ドドドッソッド・ドドッ・ソッソソソッソッドー♪

 何ともお下品でとっても楽しく管楽器のファンファーレにのせて冴えない男七人衆が登場





・Freitag, 04.Apr.2014 21:45(GMT+2) = beendet/公演終了

 ダニロはハンナとの邂逅に驚きながらも、予想外のことに感情を上手く整理できないまま。この作品は引き続き享楽的に時間ばかりが経過してゆく。
 何回目かの祝宴が終わった後、残った男どもが参集して(詳細な背景を省くけど)「女というのはよーワカラン」と言う主旨を歌うのが、冒頭のファンファーレ。なんだか落語のやり取りのようでもある。


・第9幕 Marsch-Septett/7重唱 (スマートフォンを横にすると読みやすくなります)

 ♪パカパンパンパ・パラッ・ジャンジャジャジャンジャンジャーン♪

 ダニロ  Wie die Weiber- 女の
 一同  Wie die Weiber- 女の
 ダニロ  man behandelt? トリアツカイ
 一同  Hört ihn an! その話聴いてみようじゃないか
 ダニロ  Eine so, die andere anders, Aはこうかと思えばBはマッタク違ってて
      Da gibt's keinen Feldzugsplan! 戦法など無い

 ツェータ Daß die Weiber- こんな女
 一同  Daß die Weiber- こんな女
 ツェータ treu uns bleiben- 浮気しない
 一同  Also wie? 要するにどないすんねん
 ダニロ&ツェータ Das hat man noch nicht ergründet. いまだ解明できず
 一同  Da gibt's keine Theorie! 理論存在せず!

 ダニロ  Der einen macht man Komplimente- まずお世辞を言ってみる
 一同  So und so und so und so! それでどうなる
 ツェータ Und schmeichelt, streichelt ohne Ende- 次はご機嫌とる
 一同  So und so und so und so! それでどうなる
 サン・ブリオシュ Der anderen muß man imponieren- 押してみないとダメなのも
 一同  So und so und so und so! それでどうなる
 カスカーダ Man darf sie sogar sekkieren- からかってみてもイイ
 一同  So und so und so und so! それでどうなる
 ダニロ  Die dritte, die will Zärtlichkeiten- 優しく愛撫してみる
 一同  So und so und so und so! それでどうなる
 ツェータ Die vierte, die will zanken, streiten- もうこの際喧嘩に持ち込むとか
 一同  So und so und so und so! それでどうなる
 カスカーダ Die fünfte will nur tanzen, lachen- いやフツーに踊るとか笑ってあげるってのもイイようで
 一同  So und so und so und so! 結局どないやねん!

 ダニロ他 Dann wollen sie auch andere Sachen! あと、今言わなかったコトも…
 一同  So und so und so und so! 色々ありすぎてわからんわ(ホントは判ってるケド)

 Ja, das Studium der Weiber ist schwer! 女の理解は困難ナリ
 Nimmt uns Männer verteufelt auch her! とてつもなく疲労困憊
 Niemals kennt doch an Seele und an Leib 心身ともに
 man das Weib, Weib, Weib, Weib! 女というものが解ることなど無い
 Mädchen zart, Gretchen-Art, blondes Haar, 無垢な娘、Gretchenの様な、ブロンドヘアー
 mit dem treuesten Blauäugleinpaar, 澄んだ碧い眼
 Ob sie schwarz oder rot oder blond sind gefärbt 黒か赤かブロ…?え、染めてる?
 ist egal, man wird doch gegerbt! そんな事どうでもよろし、結局フィニッシュされちまう!
 
…と、マッタク情けない結論に終わる。

 ここで舞台は折返し、20分休憩。


 幕間のロビーは広くなく、カクテルなどを売っているスタンドも一人で切り盛りしている。
 暑かったので、冷たいものを飲んだ。確かアルコールだったと思うけど、何を飲んだかは忘れた。


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 当ブログの方も折返し。
 ちょっと視線をフォルクスオーパーから外して、旧市街にカメラを移してみたい。

 
シュテファンスプラッツ

 ケルントナー通りなどが如何にも観光地的(例えば、三宮センター街に土産物屋がほとんど見当たらないのと比較してほしい)だとか、スターバックスがあったりすることについて特段の感想は持たなかったが、デパートみたいな大規模な店舗は無い。
 上下の写真の様に馬車が集結していて、過去を彷彿とさせてくれるけど、過去には過去の香りがする。馬が100頭ほどいるので、おしっこ臭いのである。ボロの方は袋で受けるようになっている。

 
おんなじところ
 
思いっきり浮いた(^^;


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 再び舞台の幕が開くと、ハンナの口笛を合図に、今度は女たちが参集
 先ほどと全く同じファンファーレが繰り返される。


・第9曲 Männermarsch/7重唱

 ♪パカパンパンパ・パラッ・ジャンジャジャジャンジャンジャーン♪


 Wie die Männer- オトコの
 Wie die Männer- オトコの?が?ナニ? 
 uns behandeln? 取扱い?
 Hört uns an! そんなの聴きなさいよ
 Eine so, der andere anders, Aはこうかと思えばBはマッタク違ってて
 da gibt's alle Arten Mann! まーいろんなのがいるわよ

 Für die Männer- 男はどうやら
 Für die Männer- 男はどうやら
 gilt nur eine Strategie- 「軍事戦略」と間違えているようで
 Jeder Pascha, jeder Kenner, 暴君も専門家も居るけど目的は結局
 frag sich nur, wie krieg' ich sie? 「如何に女をモノにするか」に収束!

 Der Eine will gar schnell zur Sache, もっぱらコトを急ぐ男
 So und so und so und so! それからそれから
 und stellt sich an, dass ich nur lache, ウケ狙いの男
 So und so und so und so! それからそれから
 ein anderer stellt sich völlig schüchtern, マッタク気弱なのも
 So und so und so und so! それからそれから
 ein Weit'rer ist auch niemals nühtern, 常に酔っ払っているのも
 So und so und so und so! それからそれから
 doch alle tischen auf nur Lügen ウソ八百
 So und so und so und so! それからそれから
 und wollen nur die Frau betrügen, ペテン師みたいなの
 So und so und so und so! それからそれから
 und rezitierene schöne Reime, 詩なんか吟じてみたり
 So und so und so und so! こんなんばっかりかい!

 doch alle wollen nur das Eine! でも結局考えてるコトはひとつで…
 So und so und so und so! 分かり易いったらありゃしない!

 Ja, das Studium der Männer fällt leicht! ま、オットコなんて楽勝!
 ………

 あほらし! 面白すぎて訳す気が無くなった。

 この「女版7重唱」はオリジナルにはなかったようである。20年前には聴かなかったし、翌日買ったドップリンガー書店のテキストにも掲載されていない。今日のプログラムにはこの歌詞だけが掲載されていて、そちらを掲載した。冒頭の動画は全く違う歌詞で、イロイロあるらしい。
 作品を全部紹介する力などないが、男や女のどうしようもなさ、しかもそれを否定しないというセンを音楽からも舞台からも常に感じ、トリッキーなところがほとんど無いので、ストーリーの詳細を追う気がいまだに起きない。
 Damenwahlの"Drum agitier' ich-""Drum affichier' ich-"、ファファソ・ソ・ソーのくだりとか、"Wie dieser Herr da ihr Liebe schwor!"のくだりとか、他にもメロディーメーカーと呼ぶにふさわしい曲の連続で、20年前に一度聴いたきりでその後離れていたのに、とても楽しめた。
 それからやはり。
 オーケストラの目の前…と言うより「オケの中」の席を割り当ててくれたVolksoperに、Herzlichen Dank.



         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 この稿を終わらなければならない。
 予定通り、紆余曲折を経て(と結婚式や披露宴等で言ったら絶対イケナイケド)、ハンナとダニロは結ばれる。曲は、この作品でおそらく一番よく知られているであろう、メリー・ウィドウ・ワルツ。
 こうして、ストーリー自体は事実上終結。
 2分間ほど残った台詞の役目は、フィナーレの音楽を放つための「トリガ、落語のサゲ」である。
 曲もモチロン決まっている。冒頭の「7重唱」の合唱部分をキャスト全員で、同じ振り付けで、大団円になだれ込む。

 ジャジャジャジャジャン♪ / ファソ♪
 Ja, das Studium der Weiber ist schwer! 女の理解は困難ナリ
 Nimmt uns Männer verteufelt auch her! とてつもなく疲労困憊
 Niemals kennt doch an Seele und an Leib 心身ともに
 man das Weib, Weib, Weib, Weib! 女というものが解ることなど無い
 Mädchen zart, Gretchen-Art, blondes Haar, 無垢な娘、Gretchenの様な、ブロンドヘアー
 mit dem treuesten Blauäugleinpaar, 澄んだ碧い眼
 Ob sie schwarz oder rot oder blond sind gefärbt 黒か赤かブロ…?え?染めてる?
 ist egal, man wird doch ge-  そんな事どうでもよろし、結局-
 -gerbt! -フィニッシュされちまう!

 全員抱き合って、カーテン落ちる。


 先に、アンコールが全部終了してからの事を書けば、引き上げるトロンボーンの奏者と目が合ったので、
 "Zufrieden! Sehr zufrieden bin ich ! "と、僕なりの讃辞を投げた。手を振ってもらえたのが、うれしかった。


 延々と続くBeifall。
 ツェータ、ヴァランシエンヌ、ハンナ、ダニロ…手に手を取って登場♪
 ジャジャジャジャジャン♪
 もう、おんなじフィナーレが、何回くりかえされたやろか。 
 次は、マキシムの踊り子とギャルソン達が出てきておんなじ曲の繰り返し♪
 ジャジャジャジャジャン♪
 僕は歌っていた。
 だってもうリズムの無い喝采であふれてるんやから。
 そして、指揮者も舞台に登場しておんなじことの繰り返し♪
 もう終わる感じがしない。終わってほしくない。
 いつの間にか、本国からの電報も読み間違うようなダメダメ公使館員ニエーグシュが指揮者台を占拠。
 「私は手の体操をさせてもらうから、君はしばらく踊ってて」


 ハンナとヴァランシエンヌに両手をエスコートされ、
 いつの間にかショッキングピンクのレイまでかけられて
 極めて微妙な表情を浮かべながら
 キャストと一緒に曲に合わせて足を揚げる指揮者…

 暴走する舞台。あふれるアドレナリン。
 何度も何度もアンコール!

(澁谷 光基)(渋谷 光基)

 次回は、第12回「良く見かけたこんなカラーについて
 7月24日(木)12:00 更新予定です。
関連記事

コメント


トラックバック

GO TOP