はじめてのWien⑮最終回 シュランメルとともに去る




・Samstag, 05.Apr.2014 15:00(GMT+2)
 Saal der Kirchenmusik, Universität für Musik und darstallende Kunst Wien



 駄緊張つづく。
 緊張といえば、旧市街、シュテファン寺院から南に坂を下りる途中、ある店頭にこんな「警告」が張ってあって、ちょっとヒヤッとした。
 
静粛に願います

 皆様
 高歌・放吟・演奏は禁止されております
 良質な生活環境へのご配慮有難う存じます
 

 大声で話をするとか、歌うのはやめてくれ、ということらしい。
 逆に言えば、そういう人が多いのだろう(ゲホゴホゴホ(>_<)
 分からんでもない。音楽の都だからどんな音楽や声にでも寛容というのは間違いであるという事を、言いたいのだと思った。
 そう言えば、サトウサンペイさんの本「ドタンバのマナー海外編」にも、「ウイーンでは、夫婦喧嘩の声も叱られる」と書いてあった。ホントかもしれない。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 その小さな音楽会の会場は、建物の中にあった。





 ここも大学構内であり、玄関には守衛がいる。
 こういう所に来ることが初めてだったので、どうふるまって良いのか分からなかった。



 開場は廊下の先にあるという。
 それらしい部屋の扉を開けて入ってみたら、雰囲気がWelcomeという顔をしていなかった。
 まだリハーサル中なので、15時までは入らないで下さい、ということらしい。

 15時になり、入場が許された。といっても、コンサートホールのようではない。
 あくまでも学校の教室であって、「潜入した」という感覚というか、恐縮せざるを得ないような。
 なんだか落ち着かなかった。

 曲目リストをもらった。
 15時始まりなのにAbend(夕べ)はおかしいやろ…と思っていたけど、コチラにはNachmittagと書いてあった。



 めんどくさいのでカタカナで書くと、シューベルト、テレマン、ヘンデル、シューマン、バッハ、メンデルスゾーン、モーツアルト、リヒャルト・シュトラウス。全15曲ほど。

 出てきたのは学生らしかった。
 衣装は黒で揃えているが、黒のシャツに黒のジーンズ、といった感じで、要するに「ハレ」の場というよりは「練習の発表」、ゼミの一環ぐらいの雰囲気だった。それでも歌い手の表情には、緊張が読み取れた。

 オーディエンスは、完全に地元の人である。おばあちゃんや、カップルなど、合わせて15人ぐらい。
 勝手知ったる、という雰囲気だった。こっちは僕と違って、完全にリラックス。

 音楽の演奏の場でもあり、会話を投げかけてみるという気が起きなかった。
 この状態で音楽の話ができるほどドイツ語も音楽も知らん。
 そんなわけで、今日はほとんど会話らしい会話をしなかった。

 45分ほどで、そのGesangabendは終わった。
 これってどっかで味わったことがある…。そう、よくご案内を戴く先輩の歌っているリサイタルと同じ雰囲気や。こちらはロマン派まで下り、あちらは概してもう少し時代が上る(と思う)けど、何のことはない、おんなじやないか。そう思ったらやっと緊張が抜けた。ただし、同じなのは、歌い手の方ではなくて、街に音楽があるという生活を当たり前に楽しんでいる、「オーディエンス」の方である。

 旅行というものは、仕事のこととか、あるいは普段暮らしている日本そのものを一遍忘れるためにやってきてるので、日本語を封印してたりするのはそういう事情(もう一つは、旅行者であることが読み取られると詐欺のターゲットになりやすいという事情)なんやけど、この時ばかりは日本のことを、少しばかり思い出していた。


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 …。どうも、湿っぽくてイカンですな。
 それでは、この街の名が冠された元気の出る曲でお別れしましょう。

 大阪・朝日放送(植草貞夫アナあたり)並びに名古屋・東海ラジオ放送の野球中継を聴いていた方にはお馴染みの
 "Wien bleibt Wien" ヴィーン・ブライプト・ヴィーン by Johann Schrammel ヨハン・シュランメル !

 シュランメルと言えば、「ホイリゲ」(静かに音楽を楽しむ飲み屋さん)に行くのを忘れちゃいました。また次の機会に行きたいと思います。

 明日はウイーンを後にして、次の目的地へ。
 毎週木曜日更新は続けていきますので、引き続ききらーくにお楽しみください。

(澁谷 光基)(渋谷 光基)

次回からは、「はじめての○○○○」です。(まだ書くの?(^^;)
 第1回「シティ・チェックイン」
 写真が映らない状態になっています。更新までしばらくお待ち下さい。
関連記事

コメント


トラックバック

GO TOP