はじめてのWien⑬ 祝・運行150年~Straßenbahn in Wien

Vielen Dank für Ihren Besuch zu meinem Reisetagebuch aus nicht nur Japen sondern auch Österreich !
 日本国内のみならずオーストリアからもご覧いただきありがとうござびばす。
Ich bin im April 2014 in Wien geblieben, mit viel Spaß.
 今年4月にウイーンに滞在しましたが、とても楽しかったです。
Schreiben Sie bitte Ihr Kommentar, hoffentlich !
 よろしければコメントいただければウレシイです。
Dieses Tagebuch wird sich donnerstags erneuert. Geniessen Sie bitte die Fotos.
 この旅行記は毎週木曜日に更新しばす。写真だけでもお楽しみください。


・Donnerstag, 02. 04. 2014 - Sonntag, 06. 04. Wiener Straßenbahn(Tram)

 
2系統車内 Stubentorあたり

 
Karlsplatz/カールスプラッツ

 左はバス。乗り方が市電とバスで一緒なのが日本と違うトコ

 
ウイーン大学あたり

 
Westbahnhof/西駅

 
同上

 
Burggasse-Stadthalle/ブルクガッセ-シュタットハレ

 
同上

 
Stiftgasse/シュティフトガッセ

 
同上

 
Sechskügelgasse/セクスクリューゲルガッセ

 
Oper/オーパー付近

 
Lederergasse/レートラーガッセ

 
Volksoper/フォルクスオーパー

 
Kagran/カークラン

 
Kliebergasse/クリーベルガッセ=地下駅。キッチリエレベータがある。

 
Stubentor/シュトゥーベントーア

                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 この街に来て驚嘆させられたのは、フォルクスオーパーの舞台でもなければ、クラシックな建物の佇まいでもない。
 そのようなことは、とても快い気持ちになったのは事実なんやけど、いわば予想の範囲内。
 で、予想通りに感激させてもらった。

 予想外だったのは、ある市電の駅(正確には市電以外も含めた駅)の「乗換機能」である。
 今回の原稿ではこの駅の偉大さについて語れるだけの準備ができなかった。
 僕の知る限り、この駅については市販のガイドブック等では触れられていない。地元の方はみんな知ってると思うけど、僕も危うく観そこなう所だった。「Ring」(環状線)に乗っているだけではわからない。
 なので、ウイーンを離れて次に行く都市のセントラルステーション(こちらは比較的知られている)に触れてから、それとの比較の形で紹介したいと思う。多分4回ぐらい先に書きます。これ、策を弄しているのではなくて、ホントにどう書いていいかわからなくて、考え込んでいる。誠にすビバせんm(__)m


 取り急ぎ、ウイーン市電の路線図のリンクを張っておきます。

(澁谷 光基)(渋谷 光基)

「はじめてのウイーン」次回は、第14回「ウイーンで最も緊張した場面」
 8月14日(木)12:00 更新予定です。
関連記事

コメント


トラックバック

GO TOP