【映画】ビガイルド 欲望のめざめ

読売新聞によると、この原作は1971年にも「白い肌の異常な夜」として映画化され、この時の女たちの誘惑は「色仕掛け」と言って良いほど露骨なものだったらしい。成長期の美少女はなまめかしく、幼さの残る女の子までが媚びを売る。園長や教師も欲望を抑えきれず、弄ばれる兵士は被虐的な快楽に身悶えしているかのようだ、と書いてある。

 読売新聞より

背景だけ書いておくと、南北戦争中、瀕死の兵士が女子寄宿舎に匿われるところから始まる。
さて、今回の作品はどうか。監督は女性のソフィア・コッポラである。
手短に感想を。

おーこわ(((( ;゚д゚)))


どこがどのように怖いのかは、
ご想像にお任せします(^^;)
関連記事

コメント


トラックバック

GO TOP