京阪電車プレミアムカー

京都三条・土下座前(高山彦九郎像) 
京に上るや、皇居御所に向かいて拝礼していたのだとか。




今日のメインイベントは大阪・いずみホールで行われた淀川混声合唱団の演奏会なのだが、どうせ遠出するなら京阪特急プレミアムカーを初体験してみようと思い立ち、京都・三条駅から乗ってみた。



電車が来た。搭乗もとい乗車。
うやうやしく案内してもらえる。



三条の発車メロディーと言えば「フィガロの結婚」(古っ!)だったのだが、今はそういうのは鳴らない。
今日は5分ほど遅延していることもあり、「速やかにご乗車ください」モード。



早速キャビンに入る。


リクライニングシートにテーブルもついている。




飲食物の車内販売は無いので、何か飲みたい人は乗る前に買っておくと良いでしょう
高島屋で調達した鯖寿司とお茶を持ち込んで、一服( ^^) _旦~~



予想外だったのは、アテンダントが男子だったこと。
イヤソノコノ・・・なんでもないです。ゲホゴホゴホ;-(


京阪特急と言えば、ダブルデッカーがあったり、昔はテレビカーがあったり、もともといろんな事やっているところにどうやってプレミアを上乗せするのか大いに疑問だったのだが、指定席はやっぱり強い。カップルとかグループ旅行で座るところがバラバラになっちゃうのと座席確定とでは大違いでしょう。いつ乗っても混んでる新快速あたりに導入されることが将来あるのかな…多分、無いでしょうねえ。
関連記事
GO TOP